育休 転職

育休中の転職はあり?なし?

投稿日:2017年11月24日 更新日:

現在、育児休業中の筆者ですが、実はここ数日、転職について考えていました。

きっかけは、このブログでも書きましたが、ここ数年チャレンジしてきた社会保険労務士の試験に合格したこと。

今日も定時で帰ります。|ワーキングマザーま...
今日も定時で帰ります。|ワーキングマザーまこままのブログ

今勤務している会社では、全く関係のない業務をしているので、せっかく育児と仕事の合間に大変な思いをしてやっと取得した知識が生かせる仕事をしたい、と思ったのが動機です。

まこまま
一度復帰してしばらく経ってからだと、自分も歳をとっていくし、知識も薄れていくし、どうせ辞めるなら私がいない前提で職場が回っている今のうちの方がいいんじゃ?
などと考えたり。
ネットで求人情報を眺めていると、時々応募してみたい求人があるものの、只今絶賛育休中なわけで。そもそも育休中の転職ってどうなんだろう?といろいろ調べてみました。

 

育児休業終了後の復職状況

厚生労働省の「平成 27 年度雇用均等基本調査 結果概要」に、育休の復職率のデータがありました。

育休からの復職率は100%ではない

調査結果によると、

平成 26 年4月1日から平成 27 年3月 31 日までの1年間に育児休業を終了し、復職 予定であった女性のうち、実際に復職した者の割合は 92.8%(平成 24 年89.8%)、 退職した者の割合は 7.2%(同 10.2%)であった。男性については復職した者の割合 は 99.9%(同 99.6%)、退職した者の割合は 0.1%(同 0.4%)であった

女性の復職率は、おおよそ9割のようですね。男性の退職者割合がすごく低いですが、よく見ると、この復職率のもとになっている育休期間が、女性は育休期間が「6カ月以上」が85.6%なのに対し、男性は「5日未満」が56.9%で一番高く、「1カ月未満」までで8割を超えているからですね。そりゃ1カ月未満の育休で退職する人は少ないでしょう。

となると、やっぱりデータの多さから女性の復職率を参考にすると、約9割の人は職場復帰をして、約1割が退職(その後転職しているかどうかはこのデータでは不明)しているというのがだいたいの全体像のようです。

 

考えられる要因

育休を取得したにもかかわらず復職しない理由はいろいろと考えられます。

  • 子どもに病気など何らかのフォローが必要だった
  • 母親自身の体調が回復しなかった、体調を崩した
  • 保育園に入れなかった
  • 復帰するにあたり、職場の条件が悪かった  など

職場の条件が悪い場合は、転職も考えられるでしょう。これらの理由の場合は仕方がないですよね。でも、やりたいことのための転職で復職しないとなると、意味合いは違ってきそうです。

 

制度的には可能

では、制度面では、育休中に転職や退職をすることは問題ないのでしょうか?こちらも調べてみました。

そもそも、育児休業は、労働者が復帰する前提の制度です。労働者の育児休業の申し出は使用者は原則は拒否できませんが、拒否できる場合があります。それがこういう時↓

  1. その事業主に継続して雇用された期間が1年に満たない場合
  2. 1週間の所定労働日数が2日以下の場合
  3. 育児休業申出の日から1年以内に雇用関係が終了することが明らかな場合

育休中の転職退職は、このにひっかかってくるのかな、と。

はじめから退職するつもりの場合は、育休が取得できない事例にあてはまることも考えられます。

 

育児休業給付金の返金義務は?

育休中に退職をした場合、それまでに受け取った育児休業給付金はどうなるのか?というのも気になる点ですが、これは返還義務はないようです。ただし、そもそも育児休業給付金の支給条件として、

育児休業を開始する時点で、育児休業終了後に離職することが予定されている方は、支給の対象となりません。

とありますし、はじめから復帰する気がないのに受け取るのは、不正受給と言われても仕方がないと思います。

 

認可保育園に入園が決まっている場合は要注意

すでに転職前の就業条件で認可保育園の入園が決まっている場合は注意が必要です。

入園申請時と条件が変わってしまうと、選考結果に影響が出しまうおそれもあります。

そうなってしまうと、せっかく入園が決まっていた保育園が退園になる可能性もありますので、各自治体でその辺りの規定がどうなっているのかは、確認する必要がありそうです。

 

道義的な問題

以上のように、育休中の転職、退職は、制度上は「可能」なようですが、問題は、道義的な面が大きい思われます。ネットで少し見てみただけでも、育休中の転職で悩んでいる方は少なくはないようです。ただ、それに対しては、賛否両論あります。

 

あり派の意見

肯定的な意見は、こういった感じです。

・育児休業中の転職なんて、在職しながらの転職と変わらない
・うちの会社は復職率高くない。転職、退職する人はめずらしくない

 

なし派の意見

それに対して、否定派の意見。

・職場では復帰前提で人員補充などをしているのに、期待を裏切る行為
・今後その職場の人たちが育児休業を取得しづらくなる
人としてありえない、ずる賢い、恩知らず
制度の悪用

まこまま
かなり叩かれてますね…。

あとはやっぱり、転職、退職の理由にもよりますよね。

 

私の結論

以上のことから、私の結論はこうなりました。

まこまま
理由によっては「あり」だけど、単なるキャリアチェンジやキャリアアップが理由なら、いろんなことを考えると、やっぱりちょっと「なし」かな。

やめておきます。小心者なんで…。いったん復帰してから考えることにします。そもそも転職できるのかっていう話もありますし。

というのも、今の会社に大きな不満はありませんし、周りの人たちからもとても良くしてもらっているというのもあります。子育て中の身にとっては、有り難い環境です。

それに、現状、育児休業を取る人があまりいなかったので、今後、後輩には育休を取りやすい雰囲気を残したいというのもあります。

育休は私にとっても念願でした↓

でも、もし私の周りで育休中に転職をした人がいたとしても、別に

まこまま
なんて奴だ!

とかは思いません。
まこまま
そうなんだ~。頑張ってね!

くらいですけどね。

あなたは育休中の転職、どう思いますか??

 

ブログランキングに登録しています。


ワーキングマザーランキング

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまこままをフォローしよう!

広告(大)

スポンサーリンク




広告(大)

スポンサーリンク




-育休, 転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

育休

念願の育休について思うこと

今年、第2子の出産にあたり、育児休業を取得しました。 私にとって育児休業の取得は、実に9年越しの念願でした。 今回は、私の育休までの9年間を振り返ってみました。 Contents1 第一子の育休を断念

続きを読む

転職

マミートラックを卒業します【私が転職する理由】

こんにちは。兼業主婦、定時退社のまこまま(@makomama02)です。 20代のときに始めた私のフルタイム定時帰りのワーママ生活も早いもので今年で10年目に突入しました。 今の職場は、まあ、子育てし

続きを読む

転職

育休中に転職活動してみた結果

筆者は現在、第2子の育児休業中なのですが、ここ最近ずっとモヤモヤしていることがありました。 それは転職。 ただ、育休中の転職ってどうなの?という不安もあり。 育休中の転職の是非や注意点についての私の考

続きを読む

再就職

涙が止まらなかったマザーズハローワークの個別相談

前回、子持ちになってからの再就職と転職の経験から、主婦が就職活動をする際に気をつけたいと思うことについて書きました。 今日も定時で帰ります。|ワーキングマザーま…子持ちで再就職、転職をした私が、主

続きを読む

育休

【育休明け】職場復帰に向けての準備

こんにちは。定時帰り兼業主婦のまこまま(@makomama02)です。 私の2人目の育休も3月で終わり、4月からは職場復帰です。 今回は、私自身職場復帰に向けて気持ちを整理する意味も込めて、職場復帰を

続きを読む

プロフィール

このブログを書いている人

まこまま
30代2児の母。家族は、夫と小3女子と赤ん坊。定時帰りフルタイム11年目。

詳しいプロフィールはこちら